Category Archives: 労働問題

チリの鉱山でAnglo American社に対するストライキが勃発

チリのLos Bronces(ロスブロンセス)銅鉱山で約4,000の契約労働者が英国を拠点とする鉱山会社、アングロ·アメリカン(Anglo American)に対するストライキを行った。同社は金属において世界最大の産出量 Continue Reading →

人を喰らう山:ボリビアのセロリコ鉱山

世界遺産にも登録されたボリビア、ポトシ近郊のセロリコ(Cerro Rico)鉱山。この鉱山では今もさまざまな危険にさらされながら、15000人の鉱夫が働いています。 要約記事:’Bolivia’s Cerro Continue Reading →

労働者にいくら支払えばフェアなのか?リビングウェイジという考え方

企業が労働者に払う賃金はいくらなら適切と言えるのでしょうか?ここではカンボジアの事例やフェアトレード認証団体の姿勢を紹介しながらリビングウェイジ(Living Wage)という考え方について説明したいと思います。 1:リ Continue Reading →

サムソンの製造工場で児童労働が見つかる

韓国の電子機器企業サムソンの機器を製造している、中国のShinyang Electronicsの工場では、法で決められた最低労働年齢に満たない16歳以下の子供たちが働いている。 要約元記事:Samsung supplie Continue Reading →

タンザニアの金鉱山で働く児童たち

タンザニアの小規模な金鉱山では、子供たちが健康と生命に対するリスクを負いながら働いています。ヒューマン・ライツ・ウォッチのレポート(Toxic Toil: Child Labor and Mercury Exposure Continue Reading →

アメリカでカカオ農園における児童強制労働の提訴が認められる:CorpWatch

要約元記事  CorpWatch : Chocolate Slavery Case Against Nestlé Allowed to Proceed CorpWatchによると、アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド社、 Continue Reading →