Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/transeed/transeed.jp/public_html/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Parameter 1 to multibyte_patch::wplink_js() expected to be a reference, value given in /home/transeed/transeed.jp/public_html/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/transeed/transeed.jp/public_html/wp-includes/plugin.php on line 601
サムソンの製造工場で児童労働が見つかる | Transeed Group

サムソンの製造工場で児童労働が見つかる

韓国の電子機器企業サムソンの機器を製造している、中国のShinyang Electronicsの工場では、法で決められた最低労働年齢に満たない16歳以下の子供たちが働いている。

要約元記事:Samsung supplier ‘used child labour’ to meet high demand, report alleges. the guardian.
画像:©Bloomberg 引用元同記事

ニューヨークに拠点を持つChina Labor Watchによれば、子供たちは製造繁期に雇われ、1日11時間の労働を残業手当と社会保障なしで行っている。こうした子供たちはサムソンからの製造の需要が減ると、退職手当なしで解雇されるという。

この主張はサムソンの最近の操業レポートと矛盾している。このレポートによれば、サムソンの発注先約100工場において外部組織による監査が行われたが児童労働は確認されなかったとされている。また監査では59の工場で従業員への安全機器の提供が行われていなかった、また残業が頻繁に見られると報告されている。

China Labor Watchは2012年にも調査を行い、サムソンは工場における児童労働を無視していると批判している。また労働時間超過やその他の問題点を指摘し、工場における労働環境を「非人道的」と批判している。

(以上記事要約)

要約において参照:China Labor Watch のレポート

Post Navigation