Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/transeed/transeed.jp/public_html/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Parameter 1 to multibyte_patch::wplink_js() expected to be a reference, value given in /home/transeed/transeed.jp/public_html/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/transeed/transeed.jp/public_html/wp-includes/plugin.php on line 601
持続可能な社会のための100イノベイション | Transeed Group

持続可能な社会のための100イノベイション

Sastainia(サステイニア)は持続可能な社会を目指して、企業や環境団体がスポンサーとなり活動しているデンマークの団体です。 6月16日、サステイニアは2014年度の〈Sastainia100〉を発表しました。これには持続可能性に焦点を当てた、最もイノベイティブな100プロダクトとサービスがリストアップされています。その内の幾つかを紹介します。 Sustainia100はこちらレポートからご覧になれます。(英語) 1:電気いらずの粘土製冷蔵庫(インド:Mitticool) 上部から水を注入し、その気化熱で冷蔵庫内部を冷やします。電気は必要ありません。途上国の電気関連のインフラが十分に整備されていない地域などで活用されています。 2:ポリエステルのリサイクル技術(日本:帝人) 帝人の〈エコサイクル〉ではポリエステルを分子レベルにまで分解し再構築することで、もともとと同じクオリティーのポリエステルを作れるそうです。 3:救急自転車(ウガンダ:FABIO) ウガンダでは80%の人々が公共交通機関を使う経済的な余裕がありません。FABIOはウガンダの貧困地域で救急車として使うための自転車を配布しています。また修理店を開き自転車の活用を推進したり、旅行者向けのレンタル自転車事業を行うことで収益をあげています。 4:リサイクル素材で出来たコンピューター(アイルランド:MicroPro Computers) MicroPro Computersのコンピューター、iamecoはリサイクルされた木や金属でできています。分解、アップグレードが簡単な構造で10年使用できます。製造から廃棄までのプロセスで、通常のものより70%も二酸化炭素排出量(カーボンフットプリント)が少ないそうです。 (画像引用元: http://www.sustainia.me/resources/publications/3rd_sustainia100_2014.pdf)

Post Navigation