Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/transeed/transeed.jp/public_html/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Parameter 1 to multibyte_patch::wplink_js() expected to be a reference, value given in /home/transeed/transeed.jp/public_html/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/transeed/transeed.jp/public_html/wp-includes/plugin.php on line 601
アメリカでカカオ農園における児童強制労働の提訴が認められる:CorpWatch | Transeed Group

アメリカでカカオ農園における児童強制労働の提訴が認められる:CorpWatch

要約元記事  CorpWatch : Chocolate Slavery Case Against Nestlé Allowed to Proceed

CorpWatchによると、アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド社、カーギル社、ネスレ社の3社による強制児童労働に対する提訴が、アメリカの控訴裁判所で認められました。 米NGOの支援の元で訴えを起こしたのはマリの3人の若者。3人は12~14歳の時、簡単で給与の良い仕事があると聞いてマリから国境を越え、コートジボアールのカカオ農園に働きに出ました。しかし現実には一日12時間以上無休で働かされ、夜には狭い部屋に監禁されるという環境が待ち受けていました。

2009年、原告の3人はアメリカで、上記3社が児童強制労働の共犯であるとして訴えました。原告によればアメリカで訴訟を起こしたのは、アフリカの現地の司法環境に問題が有るためです。 この訴えは2010年に一度、「アメリカの法では外国で行われた権利侵害をさばけない」として地方裁判所に棄却されました。しかしその後2012年に別の裁判で、外国で行われた権利侵害でも場合によっては企業に対して訴訟を起こせるという裁定が下ります。それを受けて2013年12月、控訴裁判所がこのケースにおいて、原告の提訴は妥当であるという裁定を下しました。

Post Navigation